北海道美瑛の写真家・中西敏貴のブログサイトです。
長雨

 

雨が続いた。

少し降りすぎなようだ。

写真を撮る我々にとっては被写体が豊富でいいのだけれど

農家にとっては心配だろう。

季節外れの低温も心配だ。

 

nipekオンラインショップ

 

 


ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが更新の原動力となっています。
今日も一票、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
EOS 5D Mark IV comments(1) trackbacks(0)

札幌と仙台の旅が終わろうとしています。
札幌の前日までは道東にいたし、今年はなにやら美瑛以外と縁があるようです。
違う土地を知るというのも楽しいものです。写真家としての見識が広がるし、あらたな発見もある。
そして美瑛にもどると、また景色が違って見えることでしょう。

この旅は若い感性に触れることのできる素晴らしい旅でした。
写真に勝ち負けなんてないけれど、まっすぐ向かっている姿はほんとうに素敵です。
だれかの上に立とうとか、有名になろうとか、誰かの足を引っ張ろうとか、そんな大人の黒い要素が全くない。
純粋に写真を楽しみ、写真にひたむきな姿は美しいし、写真に現れています。

写真は正直ですね。突き刺さる写真って純粋です。
もう若くもありませんが、純粋な心で風景と向き合っていこうと改めて思う旅になりました。
誰かの写真を見ることって結局自分に跳ね返ってくる。
素晴らしい経験をさせていただいています。

 

nipekオンラインショップ

 

 


ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが更新の原動力となっています。
今日も一票、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
EOS 5D Mark IV comments(1) trackbacks(0)
ゼミ第1期生写真展

すでにご存知の方も多いことと思います。
私が写真家人生で初めて受け持たせていただいた講座の第1期が終了します。
それに合わせて、新宿ヒルトピアにて写真展を開催します。
とにかく素晴らしい生徒の皆さんに囲まれて、一体私はなにをしたのでしょうか。

見事な連携プレーで開催準備が着々と進んでいます。

そして、同時開催のJPCOギャラリー会場にて私も2点出展します。

6月24日午後からは会場にてギャラリートークも行いますので、ぜひ会場にお越しください。

 

私の在廊予定ですが
23日夕方
24日午後
25日まだ未定。。。

 

ちなみに、今回は全ての作品を販売いたします。
写真作家として、自らの作品に責任を持ってほしい。

だから、販売できるようにプリントから額装まで自分でじっくりと考えてもらいました。その辺りも合わせてぜひごらんください。
そして、気に入った作品と出会えたらぜひ購入をお願いします。もちろん、中西の作品も販売いたします!

 

今後のトーク予定をおしらせしておきます。

 

6月18日 旭川医科大学(一般不可)
6月24日 新宿ヒルトピア
6月25日 東京都庁写真部
7月15日 横浜赤レンガねこ展

 

nipekオンラインショップ

 

 


ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが更新の原動力となっています。
今日も一票、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
写真展 comments(0) trackbacks(0)
霧の朝

6月になり、霧が出るようになってきた。

この壮大な朝のシーンをどうすればうまく表現できるのか。

毎年のことながら悩みは尽きない。どこに出て、どこに流れていくのかはある程度予測できるようにはなった。

でも、表現したいのはその先。霧を撮ったからと喜んでいるようでは、まだまだ二流だなと思う。

 

nipekオンラインショップ

 

 


ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが更新の原動力となっています。
今日も一票、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
EOS 5D Mark IV comments(0) trackbacks(0)
写真甲子園

今年は撮影以外の色々なお仕事をいただけるようになった。

その中でも、東川写真甲子園の審査員として声をかけていただいたのには、感慨無量のものがある。

 

東川には色々な思い出がある。

プロとして独立する前、東川に移り住んでいた飯塚達央さんに相談しながら写真家として生きていく道を探っていた。

この美瑛で風景写真を撮っていくことの難しさ、アートジャンルの写真の事、そんなことを聞かされていた。

写真の世界は広い。様々なジャンル、スタイル、表現方法があり、風景写真はその中のほんの小さな塊なのだよ、と。

若い頃から風景写真を撮って来た自分にとって、その教えはどれほど大切なことだったかと思う。

外の世界を見なければ、自分のいる世界なんてわからない。その辺りからだろうか、風景の見え方が変わったような気がする。

風景写真というジャンルを築き上げて来た先人へのリスペクトは変わらないものの、アートのジャンルを意識して

風景と向き合えるようになった。

 

その後、東川フォトフェスティバルのストリートギャラリーに出展したり、設営のお手伝いなどをしたりと

東川との繋がりは強くなっていった。独立してすぐ、東川文化ギャラリーで個展を開かせていただいたこともあった。

毎年夏に行われる写真甲子園。彼らが美瑛の丘で撮影している姿を見ながら、心から応援していたのも記憶に新しい。

 

そんな写真甲子園の審査員に加えていただいたことの喜びはなんと表現したらいいのだろう。

まして、写真甲子園の応募作品に風景などほとんど見られないというのに、風景写真家が名を連ねさせていただけるなんて。

でも、写真の良さはジャンルじゃない。いい写真、強い写真、心に突き刺さる写真はジャンルを超える。

だから、お受けすることにした。いや、こんな光栄なお仕事をさせていただけることに、感謝なのだ。

 

すでに今年の写真甲子園の詳細は発表されているのでぜひご覧ください。

https://syakou.jp/

 

来週からはブロック審査として、各地方を他の審査員の方々と回ります。

ご一緒させていただけるのは、長倉洋海さんや鶴巻育子さん。

イニエスタと一緒にサッカーをするくらいのとてつもない旅になりそうです。

 

 

nipekオンラインショップ

 

 


ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが更新の原動力となっています。
今日も一票、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
EOS 5D Mark IV comments(1) trackbacks(0)
| 1/490 | >>