北海道美瑛の写真家・中西敏貴のブログサイトです。
思い続けて10年

PENTAX645N FA150-300mm

いよいよ完成が近づいてきた我が家。
美瑛にログを建てたいと思ったのが約10年前。
建築を決めたのが2年前。
契約を交わしたのが約1年前。
そして今年の春を迎える。
振り返ってみると、結構な年月がかかっていた事に気付きます。
でも、実際は本当に一瞬の出来事でした。
遠距離のためなかなか現場には行けず、ほとんど大工さんまかせ
でしたが、毎日現場の事は頭の中にあります。
思えば叶う。
まだまだ出発点です。ここからスタート。
美瑛での暮らしを想像しながら、頑張らねば。
美瑛での夢 comments(0) trackbacks(0)
本物が好き

ギターはギブソン。アンプはマーシャル。ロックはツェッペリン。
スキーはオガサカ。カメラはハッセル。レンズはツァイス。そして車は。
選択の基準はひとつ。フェイクは嫌ってこと。
本当に良いものと長くじっくりつき合いたい。ただそれだけ。
これがいいけど、値段的に安いし似てるしこっちにしとこう
って選択なんてあり得ない。ビールが高いし発泡酒でいいか、も無理。
お金がない無いなら、量を減らしてでもギネスが飲みたい。

そして家。単純ですね。本物の木の家に住みたかったんです。
木を申し訳程度に使った見た目の良い家ではなく、木が主役の
家に住みたかったのです。そして、木の家が一番喜ぶ場所に
建ててやる。これが施主としての役割だと思います。
そもそも、大阪のせせこましい土地に家を建てる気すら起こらない。
家は作品だと思っている。自分の生き方が表れる鏡だとも。
我慢して、北側斜線をきにして、日射を気にして・・・。
そもそもボクの生き方にはそぐわない場所です、大阪は。
だから、本物の家が一番生きてくる場所、美瑛にボク達の分身を
建ててもらいます。
そして、本物のメーカーに出会えた事に再度感謝。

Photoseasonさんもブログで書かれていますが、東川のキトウシ森林公園
でオオバナナエンレイソウが可憐に咲いています。
美瑛での夢 comments(2) trackbacks(0)
1年前の誕生日

今日からちょうど1年前の誕生日、グリーンライフの長谷川さんと
初めて会って話をした日。もう1年になりますね。
確か5月の連休明けに資料請求をして、すぐに長谷川さんから
連絡があり、来週大阪に行くので会いましょう、と。
あまりにレスポンスの早さにビックリしたのを思いだす。
建築場所が北海道で施主が大阪という特殊な状態なので
ボクら自身も悩んでいた頃だった。そんな時にネット上で
たまたま見たグリーンライフのログがとても印象的で
ボクらのイメージに近い事から、資料を送ってもらう事にした。
しかし、グリーンライフは福島にある。打ち合わせなども大変だし
施工はどうするかという問題もあって、無理だろうと諦めていた。

しかし、その1週間後には長谷川社長から、やってみましょうという
嬉しい答えを頂いていたのだから、決まる時はこんなものか、と
驚いた記憶がある。その後、土地の問題があり中断もあったけれど
ちょうど一年後の今日、土地の造成が始まる事になった。
いろんな面で、繋がりを感じる最近です。
1年前の誕生日からすべての事が始まり、今日の誕生日に繋がって
いる事にちょっと感動しているのでした。
美瑛での夢 comments(6) trackbacks(0)
風の道

ボクらのように、北海道に夢を求め移住する人は本当に
沢山います。それぞれが、明確な目標を持って夢の舞台を
美瑛・富良野に求めています。言えば、同じ夢を持つ
仲間だと、ボクは思っています。

そんな夢を持ち、先日上富良野へ移住し6月にペンションを
オープンされるオーナーさんと会いました。
出身は同じ関西なので、さらに同じ空気を感じてしまいました。
このペンション「風の道」は上富良野の新名所ジェットコースター
の道沿いの素晴らしいロケーションに建っています。
東には十勝岳の山々、西には一本のポプラ。
この宿に泊まるだけで、素晴らしい風景を堪能できそうです。
朝夕と撮影に出かけるにも、霧の通り道にあるのですぐに行けます。
この場所、はっきり言って「やられたぁ」という感じです。
オーナー夫妻も気持ちのいい方で、この宿は繁盛すると
確信しました。今度は是非泊めてもらおうと思っています。
上富良野へ行かれる際にはお勧めします。

ペンション風の道
http://www.k5.dion.ne.jp/~kazeroad/index.html
美瑛での夢 comments(8) trackbacks(0)
カタクリ満開

美瑛から帰ってきました。丘の片隅でカタクリとエゾエンゴサク
が華やかに咲いていました。桜の季節には少し早かったようです。
例年に比べて1週間ほど春が遅れている感じでしょうか。
しかしそのお陰で、こんなに素晴らしい野花の花畑を撮影できた
訳ですから、今年の気候に感謝しなくちゃいけないですね。
ここは、秘密の場所という訳ではないですがカタクリの咲く
環境を観察していれば簡単に発見できます。
というより、こんな大群生地が道路脇にある事が美瑛の凄さを
物語っているような気がします。
桜は来週末が見頃じゃないかな。

さて、今回の4日間は奏人も同伴だった事でかなり大変な旅と
なりました。もちろん撮影は夜明けから7時まで。
日中は泣くのをあやしながら、多くの方と会い、また業者の方
と打ち合わせの日々。奏人も疲れたようで今はぐっすり就寝中。
悪い事をしたな、と少し反省。
でも、今回の旅で長年の夢が動き出す事に。
土地も決まり、いよいよ来月着工です。早ければ今年中には
完成して、年越しは美瑛で、が俄然現実味を帯びてきました。
やっとやっと、ここまで来ました。思い続ければ叶う。
その言葉を信じて頑張ってきましたが、やっと本当のスタート
ラインに立てたような気がしています。
詳しい事は近くブログで書いて行こうと思っています。

グリーンライフの長谷川社長、夢木香の芳賀さん。
今回は大変ありがとうございました。
おかげさまで、夢へ一歩近づけました。これからまだまだ
時間はかかりますが、よろしくお願いしますね。
あのジンギスカンとビールのお陰で、素晴らしいプランが
出来たように思います。
美瑛という遠隔地での建築の為、普段以上のご負担を
かけてしまっていると思います。それでも、やはり夢の家は
惚れ込んだ人に建ててもらいたい。そこは譲れない部分です。
そこはゼッタイに妥協できないのです。
楽しみにしています。ご協力お願いします。

という訳で、美瑛の丘の先端。半島のように突き出た丘の
中腹の遮るもののない場所に十勝岳を一望できる木の家
が建てられる事となりました。皆さん、お近くへお越しの
際は是非お立ち寄りください。
美瑛での夢 comments(6) trackbacks(0)
ログで繋がる輪

日曜日に能勢に行って、つくづく出逢いの輪を感じた。
これを運命と言わずしてなんというのだろうか。
広いのか狭いのか分からないログの業界ではあるけれど
業界人でないボクが興味を持ち、問い合わせをしたメーカーは
カナダで繋がり、日本でも横の繋がりを持っていらっしゃった。
それもかなり太い繋がりを。
ログに対する考え方はメーカーによって全然違う。
ボクがログに求めるイメージとは正反対のログを建てている
メーカーもある一方、フィーリングがジャストフィットの
メーカーもあった。そこへたまたま問い合わせをしてみたら
社長同士知り合いで、カナダもサイトも同じと言う結果。
会って話してみると、さらに納得。
ログに対する感性が非常に近く感じるのです。
それだけボクのイメージがリアルだったのだろうか。
おれも、メーカー見る目あるやんっ!!
家を建てるのも、出会いが肝心です。有名どころや大手だから
いい家が建つとは限りません。目先の名前に捕われないで
自分と感性の会うログ屋さんと出会えるか否かが正否を分けます。
オリジナルで手作りの業界。本物を見極める目といい出会いが出来る
運を持っていないと、最高の家は建たないと思うこの頃です。
その点で我が家は最高の出会いをしていると痛感しています。
美瑛での夢 comments(0) trackbacks(0)
soto dining


こんな家、皆さんはどう感じますか?
ボクは大好きです。めっちゃが付くくらい。
大阪の能勢に完成した「soto dining」という住宅兼店舗です。
お世話になっているグリーンライフ長谷川さんと見に行ってきました。
作者は洛柿舎の井上さん。素晴らしいセンスを持ったデザイナー
さんです。よくもまあ、こんなアイデアが浮かぶなぁと
感心のオンパレード。ボクの感性にぴったりの家でした。

帰りの車では長谷川さんがピンとひらめいたらしく
「あとは任せてください」のオーラが・・・。
長谷川さん、よろしくお願いします。期待してます!!
井上さん、ありがとうございました。ほんと、お腹いっぱい
楽しませていただきました。
オーナーさんにもよろしくお伝えください。
で、Macは買いましたかぁ??

最近の流れで行くと、デザイン性豊かな家が出来そうな気がしてきました。
楽しみ楽しみ。あとは予算だけか・・・・。
美瑛での夢 comments(5) trackbacks(0)
怪しいセミナーではありません。


久しぶりの「夢」ネタであります。
多くの方々の心配と不安の中、少しずつですが進んでいる?計画。
色々ご心配をおかけしておりますが、まだまだ牛歩ではあります。
急げとばかりに駆け出した時もありましたが、今は運命に逆らわず
焦らない、がモットーになっています。
そんな状態ではありますが、2月に入ってからいい感じの舵が取れる
ようになってきました。詳しくは長くなるので・・・ですが、
いろんな事が上手く絡まりつつあります。
ま、急がば回れで決して焦ることはしないと決めたので
これもまた運命に従うのみですが。

今日は、建築に関して以前から相談しているグリーンライフの
長谷川社長が、名古屋にある夢木香で「セミナー」を開かれると聞き
ちょいと遠出をして聞きに行って参りました。
決して怪しいセミナーではなく、目から鱗の住宅ローンセミナーです。
「住まいと暮らしのコンサルタント」に大変身された長谷川社長の
貴重なお話をたっぷり2時間お伺いしました。
いや〜、スゴイ話でした。この話はその辺の人には話せません。
知っている人だけ得をする、ありがた〜いお話です。
帰宅後、理解しているはずの内容を妻に話しましたが、上手く
伝わらないようでした・・・・、残念。
これから家を建てようとしている人は、ゼッタイに長谷川社長に
相談した方がいいです。こんなことまで心配してくれる建築屋さん、
日本中探してもないと思います。
というより、他で建てたらゼッタイに損しますね・・・。
ボクは決してグリーンライフや夢木香の回し者でもなんでもありませんが
大切な家を建てるなら、こんな工務店に出会いたいものですね。

長谷川社長、今日はありがとうございました。素晴らしい内容でした。
名古屋まで行った甲斐がありました。
中川社長、素晴らしい場所を提供してくださってありがとうございました。
お昼もめっちゃおいしかったです。
芳賀さん、趣向が似すぎてて怖いであります。
美瑛での夢 comments(4) trackbacks(0)
なぜ美瑛か・・・

なぜ移住したいのか。
理由は色々ある。昔からの夢・・・。
それは大切な理由だ。夢実現の地として理想的なのが美瑛。
これは間違いない。
田舎が好きな訳ではない。田舎暮らしをしたいなら他に
いくらでもある。ボクらなりに理想的で文化的な暮らしを
考えた時に浮かんでくるのが美瑛という土地なのだと思う。
やりたい事、生活環境、空気、空、山、丘、木・・・。
すべてがボクらのイメージに近い場所が、ここなのだ。

そんな事をぼんやり考えていて、ふと思った。家だ。
最近の設計士問題を見ていてさらに思った。建てたい家がある。
お気に入りの建物に暮らすイメージを昔から抱いていた。
自分が大好きな建物が一番生きてくる土地はどこなのか・・・。
やはり、都会ではない。かといって山の中でもない。
やはり行き着くところは北海道。
家ありきで移住する訳ではないが、そんな理由が一部分である事って
贅沢だけれど、カッコいいと思う。
建物が映える土地。やはりボクらにとっては美瑛しかない。

結局のところ、ボクらの欲望のまま進んでいく訳ですね。
移住のキッカケは色々あると思うが、先にイメージが出来ている
ボクらも珍しいのかな。ま、それもありでしょ。
美瑛での夢 comments(2) trackbacks(0)
ゆっくりじっくり

久々、このカテゴリーでの書き込みです。
そう、実はあんまり進んでいないのです。
というより、今は一番大切にしなければならない時間が
あるわけなので、そちらへ全力投球なのです。
美瑛での夢は、生まれてくる子供の人生にも大きな
影響を与えてしまう、とっても重要な事柄。
ボクらの夢をかなえるために、決して焦ってはいけない。
最近、そう考えるようになってきたのだ。

動き続ける事と、焦る事は違う。頭では分かっていても
あっと言う間に一年が過ぎ、来年こそは!!と
なんだか急いでいるような感じになってくる訳です。
考えて、悩んで、思い続ける事はやめない方がいいと思う。
でも、今決めないと、という思いは捨てる事にした。
本当に決まるときはきっとすんなり決まる。
建築メーカーが決まった時もそうだった。

美瑛でボクらがイメージしている暮らしを「幸せに」
するためには、この準備期間がとても大切なのだと
最近実感するのです。だから、これからの歩みは
「ゆっくり、じっくり」をモットーに動き続けていきます。
美瑛での夢 comments(4) trackbacks(0)
| 1/2 | >>