北海道美瑛の写真家・中西敏貴のブログサイトです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
丘への道
 
Canon EOS5D MarkII EF24-105mmf4L

毎年、砂利道が舗装されていくのを見ていて、意識的に写真を撮っていこうとしています。
懐かしさとか、寂しさとか、そういった感覚ではなくて、今しか撮れないなという意識です。
美瑛周辺の道路は随分と舗装化が進みました。言うまでもなく農家の為、町民の為の舗装です。
無駄か否かの議論は置いといて、砂利道よりも通行しやすい事は間違いのない事実です。
僕らカメラマンも、随分と移動がしやすくなりました。
三愛の丘の道が砂利道だった頃のこと、どれだけの人が覚えているでしょうかねぇ。

晴れの道、霧の道、夜の道。しばらくはそんな視点で被写体を探してしまいそうです。

ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが更新の原動力となっています。
今日も一票、よろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
 comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








おはようございます。

私もずいぶん前から同じことを考えていて、数年前からは意識して撮るようになりました。

三愛の丘・・・覚えていますよ。
ルベシベの砂利道より走りにくかったような記憶があります。

私が丘に通い始めたころ、哲学の木のところも砂利道で、電線すらありませんでした。
いや、丘の大半の道が砂利道だったと思います。

今しか撮れないものを記録していくのは、大切なことだと思います。
from. Noriyuki | 2010/08/16 06:40 |
Noriyukiさん
撮影環境が変わっていく中で、いかに生き残っていくかが問題ですね。
from. sera | 2010/08/17 00:53 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>