北海道美瑛の写真家・中西敏貴のブログサイトです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ローパスレスカメラ
 PENTAX K-5IIs 12-24mmF4

今朝は冬霧が一面に広がりました。ダイヤモンドダストも出ましたが、太陽の力が弱く激しくはなりませんでした。
上空に高層雲が広がるこんな日は、日輪が出てくれるので、空ばかり見上げていました。

さて、本当に久しぶりにカメラを買いました。カメラボディは5D2以来となります。
5D3も1D系も6Dまで出ている訳ですから、そりゃあたり前ですね。
ニコンからD800系、ソニーからもα99と魅力的なカメラが勢揃いな訳ですが、実はPENTAXを購入しました。
決めては使いやすさとローパスレス。
きっかけは、5D2の不調。さすがに長年酷使してきたので(1年で10万ショットです)時折動作がおかしくなってきました。
マイナス20度を超えてくるこれからのシーズンに不安を抱えていました。
そんな折、旧K-5とレンズ一式を知人に譲っていただけました。K-5は以前にも仕事で使った事はありましたが
じっくり向き合ってみると、かなり使いやすい。ボタンの配置からカスタマイズのしやすさまで、現場での使いやすさがあるのです。
毎日毎日数百枚も撮っていると、ちょっとした動作が億劫になります。出来るだけ簡単に簡潔に撮りたい。
最近のデジタルカメラは高機能なので、ボタンも多く階層も深い事が多いのですが、
K-5は、ある程度カスタマイズしてしまえばボタン一発で決められるのです。
解像度に関しては確かに少ないですし、今更のAPS-Cセンサーではありますが、そんな事より使いやすい方がいい。
その使いやすさに、ローパスレスの解像力が加われば、風景写真のフィールドカメラとしてはいいんじゃないかと思った次第です。

今日使って、現像してみて驚きました。とてもクリアなのです。一枚皮を剥いだかのようなヌケです。
結果としてでしょうが、トーンの繋がりも良くなっていると思います。これは使えそうです。
3000万画素オーバーのスペックは正直必要になる機会は少ない。1600万画素そこそこと聞くと少ない印象ですが
ローパスレスになったことで、印象としては2000万画素クラスの感じがします。
これくらいあれば充分でしょう。なにより撮っているときのストレスが少ない。そして寒冷地に強い。
信頼出来る相棒になりそうです。


写真集は全国書店、アマゾンなどで発売中です。
サイン入りが欲しいという方は、アトリエサイトから注文をお願いします。
送料無料です!!

クリックでアトリエサイトに移動します。




ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが更新の原動力となっています。
今日も一票、よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

PENTAX K-5IIs comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








 NEWカメラ、いいですね〜。
PENTAXさん、旧のK-5は見た目の感じがすごく好きで私もカメラ購入時に悩みました。
結局は別のものを買ったのですが。
最終的には自分が気に入って使うことが大切ですね。

最近、『断捨離』にはまってて、
「引越しするのかΣ(゚д゚lll)!?」というくらい身の回りを片付けまくってます。
断捨離の基準→今の自分に必要なものだけ残す
これをやってたら、美瑛や写真カメラ関係の物しか残らなくなりました。
…、美瑛病はかなり深刻です(゚ロ゚)Oh〜No!。


NEWカメラで素敵なお写真たくさん撮ってくださ〜い。
楽しみにしてます(´▽`)。




from. てなさく | 2012/12/16 01:41 |
てなさくさん。症状酷いようですね。治療には美瑛に来るしかありません!
from. nakanishi | 2012/12/16 21:31 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>