北海道美瑛の写真家・中西敏貴のブログサイトです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
いまやるべきこと

FUJIFILM X-Pro2 100-400mm

大学生の時、阪神淡路大震災を経験しました。自宅の被害はそれほどでもなかったものの
幼馴染が倒壊したマンションで亡くなりました。
別の友人は、自宅マンションの一部が崩壊し、上層階から命からがら避難したと聞きました。
また別の友人は、神戸にある大学へ戻るのに、5時間も瓦礫の中を歩いたと話してくれました。

学生時代のこの経験は心に深く刻まれていて、地震が起こるたびに亡くなった友人らを思い出します。

しかし、そんな時でも周囲の関西人は元気でした。
「おれらが元気にやらな、被災地の人らもっと大変や」

震災が発生すると自粛ムードが広がります。でも、被災していない私たちが自粛していては経済が停滞してしまいます。
それでは復興支援もままならない。
まずは、自分の仕事を日々ちゃんとこなして、心の中で被災地を応援する。
そして、自分の出来る範囲で寄付やボランティアに協力する。
遠く離れた自分に出来ることをまず毎日やっていくしかないのではと思います。

被災地の人々を支えるなんて大それたことをいうのではなく、同じ日本人としてやるべきこと、やれることを
考えていきたいと思うのです。

私の仕事は写真家です。写真を人の心へ届けるのが仕事だと思っています。
私の写真をどこかの誰かが見てくれて、「頑張ろう」と思ってくれたら嬉しい。
写真家という職業が少しでも力になれることってある、と信じて撮り続けます。


nipekオンラインショップ

最新作「ORDINARY」「美瑛 光の旅」などの購入はオンラインショップでどうぞ。
 

ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが更新の原動力となっています。
今日も一票、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
X-Pro2 comments(1) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








同感。もっともアマプロの差は如何ともしがたいものがありますけどね。

業務連絡
 戴いた絵葉書、2館に配置しました。封書で来たときは本でも来たのかと驚きましたが・・・。もっとおくれ。              臨時街宣部隊より
from. baishirou | 2016/04/19 06:55 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>