北海道美瑛の写真家・中西敏貴のブログサイトです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
飛鳥川

やっぱり写真はフィルムかなぁ。このタイムラグ。アナログ感。
古い人なのかなぁ。本当なら現像も自分でしたいなぁ。
使ってるフィルムは硬調のベルビア100ですが、デジタルより
こっちの方がまだしっくりくるなぁ。

太古の歴史を感じる飛鳥川のほとりで、一人誰にも邪魔されず
木の下に潜り込んでこの写真を撮っていました。
手元にはフィルムカメラ。どうしてもデジタルには手が行きませんでした。
なぜだろう。残しておきたい風景と出逢ったら、やっぱりフィルムで
残したい。そう思ってしまうんですね。
撮影日誌 comments(4) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








飛鳥川の彼岸花といえば入江さんの一枚を思い出しますが、こう言う飛鳥川も好いもんです。
やっぱ、フィルムは落ち着きますねぇ。
色が優しいです。
from. nori | 2006/10/03 18:50 |
noriさん
入江さんとは比べ物にはなりませんが、飛鳥川に咲く彼岸花って
歴史の重みというか、風情というか、そんな空気がいい感じですね。
最近、フィルムで撮りたい病なんですよ。
from. sera | 2006/10/03 23:24 |
今、写真教室へ通ってて、
フィルムで撮影ばかりなのですが
デジカメがほしくなっています。
ずーっとカメラをされている人にとっては
フィルムの撮影のほうがイイと思われるのですね。。
デジタル撮影とフィルム撮影との違いが
私にはまだよくわからないのですが、
そういう感覚って自然に身についていくものなのでしょうか?

確かに、この写真
ホントにとっても素敵ですね〜。
やっぱりseraさんの写真、いいなぁ〜(^^)
from. mint | 2006/10/05 21:38 |
mintさん、写真教室行ってるんでしたっけ〜。スゴイ!!
強敵アラワルだぁ。でも仲間が増えて嬉しいです。
デジタルももちろんいいですよ。どっちも良い所があるって感じです。
デジタルやってたらフィルムで撮りたくなるし、フィルムばっかなら
デジタルもってなるし・・・。
フィルムの方が今はですが、懐が深いって感じがします。

写真、ほめていただいて恐縮です・・・。
いつもレンズを通した感覚で風景を見てみてください。いろんな発見ありますよ。
from. sera | 2006/10/05 23:46 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>