北海道美瑛の写真家・中西敏貴のブログサイトです。
深淵

弾丸東京出張から戻り、また桜を追う旅が続いています。

 

この華やかな被写体の奥深くをどうしたら表現できるのだろう。

何年撮っても、何度向き合っても答えが見つからない。

被写体に撮らされることなく、ずっとずっと深いところ。

風景の深淵が見たい。最近特にそう感じる。

 

nipekオンラインショップ

2018年カレンダー好評発売中です!

 


ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが更新の原動力となっています。
今日も一票、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
EOS 5D Mark IV comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








誠に僭越ながら最近ふと感じたことがあります。
世間のみなさん(小生がよく訪ねるブログ主宰
者)はなるだけ全景+αをお撮りになり、小生
の方はできる限り接近しその一部を切り取って
フレームに収めているいわば引き算、割り算の
世界。たまに全体を撮ると何かしらボケている
ようで、気に入らないことが多いものです。先
頃敬愛する二人の鉄大先輩が、若い頃は(物理
的な)ご事情もあり気がつかなかったが、余白
に写り込んだ情報にこそ価値があるんだと仰っ
ておられましたが、小生は真逆というより、さ
らに小さな世界、大海の中で跳ねている一匹の
小魚、その鱗の煌きをひたすら追っかけている
ようなもの。先輩方の達した余白の美には、ほ
ど遠いものがあります。
from. Fum's | 2018/05/14 06:09 |
追伸:
拙の考えるところの美の深淵、写真の深淵
はまさにそないなところにあります。
from. Fum's | 2018/05/14 06:12 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://northernworks.jugem.jp/trackback/2492
<< NEW | TOP | OLD>>