北海道美瑛の写真家・中西敏貴のブログサイトです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
少しだけ勇気

「この写真の作者はプロを目指しているのですか?」
ボクがギャラリーにいない時に来場してくださった芸大の先生が
ボクの作品の前でそう言っていたと聞いた。
恥ずかしい反面、嬉しかった。
またある先輩は「お前、売れる写真を撮ろうとしてるな。これなら売れるぞ」と。
写真を撮る時は見てもらう人の気持ちを考えて撮るようにしているから
そのコメントもまた嬉しかった。

正直、ボクごときのレベルはまだまだと思っています。写真が「巧い」人は沢山います。
表現の奥深さや、人生経験もまだまだです。
でもこんなコメントをもらえた事は、少しだけボクの勇気になりました。
美瑛で長年撮ってきた作品の想いが、見る人の心にすこしでも伝わったのなら
とても嬉しい事です。それが美瑛の写真を撮り続けていく自信にもなります。

これから家が建つ事で、もっと気持ちのこもった作品が撮れるような予感がします。
皆さん、ボクに勇気をくれてありがとう。
Hasselblad503CW comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








うれしい2つのコメントですね。
写真は感性の世界。
技術的に巧くても、一般人の心を動かせる作品でないと、売ることは難しいと思います。
私の職場にいるアルバイトの女性が、学芸員の資格を持っていることを最近になって知りました。
先日、私がここ2年で撮った作品の大半を見てもらい、その人のお気に入りを20点ほど挙げてもらいました。
その20点の半数以上が、私自身が気に入っている作品だったことに、少し自信が持てました。
こういう出来事って、本当にうれしいものです。
from. Noriyuki | 2007/01/15 06:52 |
それなりの世界を知っている人に褒めてもらうのは
悪い気がしませんね〜。
ただ、ボク自身は、写真に詳しくない方が「涙が出そう」と
感動してくれている事もとても嬉しかったです。
from. sera | 2007/01/16 01:02 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>