北海道美瑛の写真家・中西敏貴のブログサイトです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
木と白壁

Canon EOS5D EF17-40mmf4L

リビングから浴室を通り、キッチンへと抜ける廊下。
面積的には狭いこの空間にも、ちょっとした考えがありました。よく、ログハウスでは
パインなどの腰壁を貼って木の空間を演出したり、天井に木を貼ってさらに
ウッディーにしたりしています。確かに木の面積が多くなるのでウッディーでは
あるのですが、木を使いすぎて、逆に木の存在感を感じなくなってしまう事が多い。
そこで我が家では壁と天井を珪藻土による白壁(実際にはクリーム色)にしました。
左官面積が増える事はコストアップですが、白を増やす事で木の存在感が出てくる
事を狙ったのです。結果はご覧の感じ。ドア、床は無垢の木だからこれに壁と天井
が木だったら、山小屋風になっていたでしょう。天井が白くてダウンライトにしたので
結構広く感じる空間になったと思います。
1階はすべて塗り壁。少しでも木を活かして広く見せる為です。2階は天井高が
あるので、パインの板を貼り、木の面積を増やしました。2階はログの丸太などが
ないので、天井の木が空間を締めてくれました。

写真でも同じだと思いますが、一番見せたいものを目立たせる為に他は引き算。
結果的に、そのものの印象が強くなり想像を膨らませる。
なんでも見せ過ぎは良くないですね。

あ〜しかし外装の色はなんとかしたい。
建築日誌 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>