北海道美瑛の写真家・中西敏貴のブログサイトです。
浮かび上がる
 
Canon EOS5D MarkII EF70-200mmf4L

朝日が湖面を輝かせる。そこに浮かび上がる未確認物体?ネッシー?
いやいや、竹生島でした。今度の土日あたりは、ちょうどこの島の上くらいから日が昇りそう。

話は変わって、お隣の農家さんからジャガイモをいただいた。早速いただくとホクホクで美味しい。
でも、着いている土がすこし湿っている。続く雨の影響で農作業が遅れに遅れているらしい。
「3日ごとに雨降られちゃ、どうにも・・・」
もうすぐ雪が降りそうだというのに。

ブログランキングに参加しています。
今日も応援の一票をお願いします。
EOS 5DMarkII comments(9) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








湖北の朝のシリーズ、素晴らしいですね。

素人なので、素朴な質問があります。

朝日が昇る頃には、周りは既に明るいと思うのですが、
湖面の反射だけを浮き上がらせるためには、
どのような調整をしておられるのですか。

企業秘密でなければ教えてください。
from. masako | 2009/10/15 09:27 |
北海道にいてイモそんなにおいしいと思ったこと有りませんけど、内地の人が食べられたら、おいしいものですか? 内地のイモはおいしくないですか? 違いが分かりません。 今年は天候不順でイモの中が水分多かったり、いも皮がべたべた、だとスーパーのイモ置いているところに書いてありますけど、北海道のイモ、宅急便で送られたらうれしいものですか? イモは送ったことが有りません。
from. 道産子 | 2009/10/15 22:15 |
masakoさん
企業秘密なんてものは持ち合わせておりませんので(笑)お教えします。
人間の目って優秀で、明るい部分とくらい部分を同じように見れるのですが、
カメラはそう言う訳には行きません。見たように写らないのです。
このような水面の輝きはものすごく明るくて、周りの明るさとはバランスが取れません。
そこで、どの部分を重視するかを決める訳ですが、この場合水面の明るさ
だけを見せたいので、水面の明るさだけに露出を合わせます。
すると、もともと普通の明るさだったところは夜の様に暗く写る訳です。
見たように写ってくれない、カメラの特性を逆に利用して光を強調するわけですね。
ご理解いただけましたか?

道産子さん
僕ら内地の人間は、北海道ブランドに対してものすごく憧れがありますね。
もちろん、内地の野菜も美味しいですよ。ただ、美瑛周辺の野菜は格別
じゃないかな、と思い込んでいる節はありますね。
from. sera | 2009/10/16 06:14 |
とても丁寧に教えていただき、ありがとうございました。
大変分かりやすい説明で、よく理解できました。

何か特別な技術を使っているのかと思っていたので、
以外なお答えに、「なぁんだそんなことだったのか」と、
軽いショックでした。

これまで、あまり測光につて意識していなかったので、
今回のことで、いい勉強になりました。

同じようなシチュエーションでまねをしてみようと思います。


from. masako | 2009/10/16 15:29 |
masakoさん
そうなんですよね。実際に教えてもらうと何だそんな事か、ってことが多いのです。
今はカメラの性能も良いですから、良い光を見つける方が肝心です。
そんな実践的な事をお教え出来る機会が作れないかと作戦を練っています。
from. sera | 2009/10/17 21:26 |
本当に、このような実践的な手ほどきを受けられる機会があれば、
とても嬉しいです。

よいニュースを楽しみに待っています。

from. masako | 2009/10/19 09:35 |
はじめまして
seraさんの光の捉え方・表現の素晴らしさ・・・今日はどのような写真かしら、と 
何時も楽しみに訪問させて頂いております。
「実践的な手ほどき」 美瑛にても、是非実現させてください!
from. | 2009/10/19 17:06 |
masakoさん
近い将来、そのような機会が作れたらお越し下さいね。

名無しさん
美瑛での実践講習、必ず実現させますのでお越し下さい。
from. sera | 2009/10/20 00:55 |
名無しに成っていたのですね すみません!!
「実現」の日を楽しみにしています
from. akiko | 2009/10/20 07:58 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>