北海道美瑛の写真家・中西敏貴のブログサイトです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
哲学の木と道徳

 

文部科学省の委託事業として読売新聞が主催した「考え、議論する道徳フォーラム」の中で、

東京都の小学校教諭の方が「哲学の木」の問題に関連して道徳授業を行った内容を発表されました。

教諭の方は、あの新聞記事を読まれて道徳の授業を思いつかれたそう。

私のブログもご覧になられ、授業であの最後の満月の哲学の木を使われました。

 

今回、その授業内容をフォーラムで発表されるにあたり、写真をご提供させていただきました。

 

私があの記事をアップした2月24日。地主らと相談し、出来るだけ間違った情報が広がらないことを願い、慎重に言葉を選び

出来るだけ冷静に記事を書きました。出来るだけ、というのは、やはり私自身も悲しくてたまらなかったからで、つい感情的に

なってしまう気持ちをグッとこらえ、書いたつもりです。

 

おかげさまで、FBなどでもシェアやいいねをたくさんいただき、大多数の方から賛同をいただけたと思っています。

実は、あの記事への皆さんのコメントは、地主もすべて読んでおり、「少し救われました」と語っていました。

人に不信感を抱いていた地主が、人のコメントに救われたと言っていたのがとても印象的で、まだまだ希望はある、と思ったものです。

 

しかしながら、「お前は何もやっていない」「自慢げに何を書いているんだ」「偉そうに」「酷い記事だ」「行政はなにをやっていたんだ」といった批判を頂戴したのも事実です。

地主がすべてのコメント読んでいるのを知っていましたし、地主とも相談した上であえてコメントはしませんでしたが、やはり関係者一同、とても傷つきました。

 

自然が大切だから守ろう、という論調はわかります。これには賛成です。

しかし、美瑛という場所はちょっと違って、農家の方の営みで維持されている土地。

哲学の木も自然に生えたものではなく、農家の方が植えたものなのです。それを彼らがどうしようと、私たちが外野でとやかく

言えないと、私は思っています。もちろん残念な気持ちは多くの皆さんと同じです。だからと言って、倒した農家も責められないし、観光客を呼んだ行政が悪いとも思いません。

 

農家の営みがあり、人間が作り出し維持している景観の美しさを「そっと観る」。それが観光の本質だと思います。

本当は誰も来ない方がいい。それが農家を、そしてそこに暮らす人々を守る第一の手段です。

でも、今更そんなことが出来るわけでもなく、お互いに理解し、共存し、誰もが幸せになれるような、新しい取り組みが

必要な時代に来ていると思うのです。

 

こうして、全国で少しずつ取り上げていただけるようになったのは本当に嬉しいことですし、あの記事を書いて良かったと

思っています。

責められたりしましたが、それはこれまで撮らせていただいた、地主の方と哲学の木への、私からの恩返しだと思って、我慢してきました。

 

いま、やっと何かが動き出そうとしているような気がします。

 

これから、とあるメンバーとフェアな取り組みに関して、動き出す準備をしています。

詳細はまだお知らせできませんが、必ずや「哲学の木」を失った事実が活かされる日が来る。

そう信じています。

 

 

nipekオンラインショップ

最新作「ORDINARY」「美瑛 光の旅」などの購入はオンラインショップでどうぞ。

 


ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが更新の原動力となっています。
今日も一票、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
日々の思い comments(0) trackbacks(0)
記念日に思う

SONY α7RII  24-70mmGM


PENTAX  K-1 70-200mm



PENTAX  K-1 70-200mm


PENTAX  K-1 70-200mm


昨日は15回目の結婚記念日。
確か10回目の記念日は大阪に帰ってお祝いしたなぁと
辛かった?一人暮らし時代を思い出し、今こうして家族で記念日を祝えることの嬉しさを噛み締めていました。

頑張るのはプロである以上当たり前。
誰のために、何のために写真を撮るのか。
そして、誰に支えてもらっているのか。
どれだけの方に応援してもらっているのか。
今の自分があるのは、誰のおかげなのか。

 

そのことは、片時も忘れたことはありません。
移住5年目となり、仕事でも変化が生じてきました。
それでもまだまだ目指す場所には届きません。
もっともっと精進して、高い場所を目指したいと思います。

どうぞ引き続き、よろしくお願いします。



nipekオンラインショップ

最新作「ORDINARY」「美瑛 光の旅」などの購入はオンラインショップでどうぞ。
 

ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが更新の原動力となっています。
今日も一票、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
日々の思い comments(1) trackbacks(0)
掲載誌


明日の友 春号 隔月刊


 SONY α7RII & α7sII Perfect Guide

掲載誌のご案内です。

明日の友春号から、1年間連載をさせていただくことになりました。
市橋織江さん、米美知子さんに続いて担当させていただけるなんて光栄です。
隔月で素敵な北海道の光の風景をお届けします。

もう一冊はSONY α7RII & α7sIIのムック本でレンズレビューを担当させていただいています。

両方とも書店で絶賛発売中ですので、ぜひご覧くださいね。




nipekオンラインショップ

最新作「ORDINARY」「美瑛 光の旅」などの購入はオンラインショップでどうぞ。
 

ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが更新の原動力となっています。
今日も一票、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ



 
日々の思い comments(0) trackbacks(0)
さようなら哲学の木

ネットで情報がいち早く流れてしまうこの頃。間違った情報や誤解された情報が流れてしまう前に、この記事をアップします。
ちなみに、私中西は、地主さんから指名を受け、すべての顛末を記録させていただきました。勝手にこの記事を書いているわけではありませんので、ご了承ください。
 

私中西が美瑛町で一番好きな木「哲学の木」が本日倒されました。
 

私自身、地主さんとは友達であるので、ずっと以前から彼の苦悩を見て、相談に乗ってきました。時には一緒に見張りもやったこともあります。昨年来からネッ ト上では色々な情報が流されていましたが、直接彼に会い、悩みを聞いてきたのはおそらく私だけだと思います。そんな彼との信頼関係があったからこそ、本日 の大切な日に、写真家として唯一立ち会わせていただけました。
 

まず、哲学の木は切られたのではありません。
イタリアポプラである哲学の木は寿命を全うしようとしていました。かなり弱っていたことは間違いありません。ご存知のようにかなり大きな木で、この木が農 作物のある時期に倒れたりすると大変な被害になることは明白です。そんなこともあり、地主さんは昨年から決断していました。
もちろん、その決断を後押しした理由に「観光客やカメラマンのマナーの悪さ」があることは事実です。農作業中の姿を撮る、畑に入る、雪の中で遊ぶ。そのど の行為も彼らは望んでいませんでした。あの木が今日まで生きてこれたのは、「それでも美瑛まで来てくれるんだから、楽しみを奪っちゃかわいそうだな」とい う農家の方のご好意があったからです。
しかし、近年はその我慢の限界を超えていました。そこで彼らは昨年から撮影禁止という決断をしたのです。それでも畑への侵入は後を絶たない。彼らにとって、木は農作業の邪魔な存在となってしまったのです。
そして、今日、重機によって倒されました。弱っていたため、少しの力で倒れてしまいました。あまりにあっけなく、一瞬の出来事でした。
 

この顛末を見ていたのは、私以外に地主さん他関係者のみ。わずかな人間に見守られながらその命を終えました。
 

切られる瞬間に立ち会えた、といった情報もすでにあるようですが、だれもいませんでした。写真を撮っているのも私だけです。今後、様々な情報が出てくるでしょうが、事実を知っているのは今日、そこにいた人間だけです。どうか、間違った情報を広げないでください。
 

言うまでもなく農家は農業で生計を立てています。その彼らが決断したのですから、我々がとやかく言えた立場ではありません。倒れる瞬間、涙が止まりませんでした。しかし、一番悲しいのは彼らの筈です。どうか、そっとしておいてあげて欲しいのです。
 

今回の出来事が、美瑛のみならず観光スポットでのマナー向上につながる大きな一歩になれば、きっと哲学の木も成仏できることでしょうし、そう願いたいものです。
 

写真は、地主さんの許可をもらって撮影した昨日の満月。
最後の満月でした。さようなら「哲学の木」。
 






nipekオンラインショップ
最新作「ORDINARY」「美瑛 光の旅」などの購入はオンラインショップでどうぞ。
 

ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが更新の原動力となっています。
今日も一票、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
日々の思い - -
寄付

私自身も所属し、写友とともに活動している日本風景写真協会北海道支部。
この支部では設立時にある計画を立てました。
 

いつも撮影させていただいている農家のみなさんへ、なにか恩返しができないものか。
特に、美瑛をメインフィールドにしているメンバーが多いことから、まずは美瑛の農家の方々に何かしらの気持ちを伝えたい。
 

そんなことから、美瑛の風景でポストカード集を作成し、その販売費用を経費も引かずに全額美瑛町に寄付することに決めたのです。もちろん、制作費用は全額メンバーの自己負担です。
 

そしてこの度、2014年7月から販売を続けてきたポストカード集の売上げ代金が236,000円にまで達しましたので
全額を美瑛町に寄付させていただくことになりました。

日時は来る2月12日。北海道支部の大橋支部長から美瑛町長に手渡されることになっています。
 

美瑛や富良野では、農地に無断で立ち入るなどの事例が相次いでおり、農家の皆さんの怒りもピークに達しようとしています。
本当ならば、誰もこないのが一番なのかもしれません。
しかし、やはりここは美しい場所であり、癒される土地であることは事実なのです。だから、また来たいし撮りたい。
 

いつまでも、この農村景観が維持されるためには、農家のみなさんの生活が一番優先なのだということを肝に銘じ、
今後も撮影活動を続けさせていただきたいと願っています。
 

これを偽善行為だと批判される方もいるかもしれません。
しかし、なにか行動を起こさなければ何も変わらない。
美瑛から素敵な場所がなくなってしまう前に、なにか行動したい。
 

我々は、そう考えているのです。

ここから追記です。
大橋支部長から美瑛町長に寄付金が手渡されました。

 

nipekオンラインショップ
最新作「ORDINARY」「美瑛 光の旅」などの購入はオンラインショップでどうぞ。
 

ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが更新の原動力となっています。
今日も一票、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
日々の思い comments(0) trackbacks(0)
苦言
本当はこんなこと書きたくないのですが、今日は少し苦言を申し上げます。
長文になります。お時間のある方だけ、ご覧ください。

作品は写真展や雑誌、写真集などで発表すべきものと考える方も多いとは思います。
特にプロフェッショナルの写真家の皆さんの多くは、やはりネット上にはあまり作品を出されていないようです。
しかし、私は写真家として独立して以降、FBやブログなどインターネット上に作品を数多く掲載してきました。
それにはいくつか理由がありますが、その一つに私の作品を楽しみにしてくださっている方へ毎日ワクワクを届けたい、というものがあります。
多くの人を魅了してやまない美瑛・富良野の日々移ろいゆく光景を、私なりの解釈で、出来るだけ毎日お届けしたい。
夏観光一極集中の北海道ですが、実は365日素敵なんだということを皆さんにお伝えしたい。
もちろん、他にも大きな理由はあるわけですが、上記理由はその大きな柱の一つ。

しかし、最近私の作品を模倣したと思われる写真を見る機会が非常に増えてきました。
美瑛・富良野にある有名な木など、同じ場所で撮影したというだけならば何も問題はありません。
モチーフが被っていることも仕方のないことでしょう。しかし、モチーフ、構図、仕上げ方に至るまで、似通った写真を見てしまうと、どうにも悲しくなってしまうのです。
ましてや、それが写真家と名乗る人のやるべきことならなおさらです。

写真家が撮影した写真には著作権があります。
同じ場所に立ち、同じ構図で、同じような仕上げをした写真は模倣です。
写真家と名乗る以上、その点には最も留意しなければならないことではないでしょうか。

ネットに上げる以上、ある程度の覚悟は出来ていましたが、現実を目の当たりにすると非常に悲しくなってしまいます。
だからといって、今後写真をアップするのをやめようとは思いません。
私自身もアマチュア時代、憧れの写真家の作品を追いかけ続けていました。それが今の基礎となり、少しずつ自分なりのカラーを見つけて来れたのだと思っていますし、自分らしさ探しはまだまだ続いている最中です。
こんな私の写真に憧れ、私のような写真を撮りたいと思ってくださる方がいてくださる以上、更新は頑張って続けます。
どうぞよろしくお願いします。


nipekオンラインショップ
写真集、ミニ作品集などのご購入はオンラインショップで。
 
ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが更新の原動力となっています。
今日も一票、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
日々の思い comments(8) trackbacks(0)
そっと光を観る

PENTAX K-3 50-135mmF2.8



PENTAX K-3 16-50mmF2.8

いよいよ冬将軍が本気を出すそうで、今週は雪マークのオンパレード。
昨夜から風も強く、嵐の予感です。

さて、2枚目の写真は「青い池」での撮影です。
凍っているので見た目は黒い池。
凍っているからこその美しさです。
しかし、今はこの上に投げ込まれた石ころだらけ。
自然保護とか環境保全とか、大げさなことではなく
自分本位な大人の行動が理解出来ません。
子供が投げたのなら、まあ仕方ないかと思うのですが
大勢が見に来る場所に石を投げ入れる。京都の美しい庭に石を投げるでしょうか。

以下、Facebookでも書いたものです。あくまで私の意見ですので、気分を悪くなされませんよう。

「そっと光を観にいく」
観光の定義はよくわかりませんが、理想はこうであってほしい。
その場所が持っているパワーを感じたり、美しい光に出合ったり、
驚くような瞬間に遭遇したり。

美しい光景をそっと観にいく。これは私の理想です。
でも現実はそうではありません。
青い池の美しい光景を観に来るのではなく、「青い池」という有名な場所を確認しにきている人が多いと感じます。
有名になればどこでもそうなる、と諦めるのも辛い。
「この池の美しい姿を見たいから」いつかまた来よう。
そう思ってもらってこその観光だと思うのです。

「なんだ、青くなんてないじゃん。しかも凍ってるし。」
「石とかで割れるんじゃないの。」

無惨です。
子供の頃、凍っている水たまりを割って歩いたことがあります。
楽しかったですよね。割りたくなるのは誰でも経験していることでしょう。
青い池だから石を投げてはだめ、という意見ではありません。
この場所の神秘の美しさをちゃんと伝えないで、どんどん人を呼ぶと
こうなるんだと思います。

青い池っていうんだから青いはず。
でも青くない。
凍っている。
折角来たんだから青い水が見たい。
石を投げる。
あまり綺麗ではなかった。
一度行ったから、もう来なくていいや。

おそらく、こうなるでしょう。

有名だから行くのではなく、美しい光景に出合いたいから行く。
だから、その時が理想とは違っていても、また来たくなる。
それこそが、観光の理想ではないのかな、と思う次第です。




nipekオンラインショップ
写真集、ミニ作品集などのご購入はオンラインショップで。
 
ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが更新の原動力となっています。
今日も一票、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
日々の思い comments(1) trackbacks(0)

SONY NEX-7

夕日が照らす道路。
なぜか心惹かれます。

nipekオンラインショップ
写真集、ミニ作品集などのご購入はオンラインショップで。
 
ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが更新の原動力となっています。
今日も一票、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
日々の思い comments(0) trackbacks(0)
卒園式

OLYMPUS OM-D E-M1

しばらく更新が滞ってしまい、申し訳ありません。
長女が5年間通った保育園の卒園式があり、大阪に帰ってきています。
彼女にとって、大阪で過ごすのはあと少し。
4月からは道産子になります。
バリバリの大阪弁なのですが、まぁすぐに北海道弁になることでしょうね。

というわけで、風景のアップは4月までお待ちください。

nipekオンラインショップ
写真集、ミニ作品集などのご購入はオンラインショップで。
 
ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが更新の原動力となっています。
今日も一票、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
日々の思い comments(3) trackbacks(0)
Happy New Year

PENTAX K-5IIs 300mmF4

新年明けましておめでとうございます。

外は雪が降っている美瑛です。初日の出は拝めそうにありません。

今年は家族にとって大きな変化の年になります。
写真を撮ることで家族が幸せになれるよう、プロとしてさらに精進していきたいと思います。

ミニ作品集もよろしくお願いします。
nipekオンラインショップ


写真集は全国書店、アマゾンなどで発売中です。
オンラインショップでもご購入いただけます。
送料無料です!!

クリックでオンラインショップに移動します。
 
ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが更新の原動力となっています。
今日も一票、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
日々の思い comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/21 | >>