北海道美瑛の写真家・中西敏貴のブログサイトです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
観覧車の見える丘

Canon EOS5D EF70-200mmf4L

美瑛の拓真館の北側の丘から。おそらく観覧車が見えるであろう丘。
写真の中程の奥に写っているのが、中富良野にあるホテルオリカです。
中富良野の奥にあるオリカが見えるんだから、観覧車なんてもっと大きく見えるはず。
すごい事になりますね。前田真三の「塔の見える丘」に対抗して「観覧車の見える丘」
では絵になりませんね。

さて、本日上富良野町から正式な回答が送られてきました。何で今頃、と思いましたが
迷惑メールとして削除されていたのを年末年始に発見され、返信を頂いたという・・。
内容の転載は避けますが、大変丁寧な回答でした。今回の反対運動によって、行政に
対するイタズラやスパムメールが無数に寄せられた事、迷惑行為が多発したこと、
サイトへの攻撃があった事、なども書かれていました。なんとも残念なことです。
反対の意見を届けようと訴えた僕たちや反対の会のメンバーの意思とは反して、
ただ攻撃をするという卑劣な行為があったことは遺憾としか言いようがありません。
人間として最低です。

ところで、今回の観覧車の建設に関する行政の関わり方について各種報道では誤報
されていたとの見解が述べられていました。
簡単に言うと、観覧車建設に関して、上富良野町は一切の許可権限を有していない
ということです。つまり、反対の考えであっても、止められないとのことです。
景観条例は理念条例であり、規制地区を指定していないので規制をするものではない。
建築確認は、上川支庁が行ったもので、上富良野町には一切の権限はない。
地元行政としては景観阻害だと考えるが、規制出来る条例、規則が無い以上
静観するしか無い。
産業振興の面から考えると多少のメリットはある。
なので、報道にあった上富良野町が承認した、との内容は間違いということの
ようです。景観審議会は景観条例上、意見を諮問したのみ、ということでしょうか。

確かにそうかもしれませんが、理念条例とはいえ景観条例を仮にも定めている行政が
なんの権限も無いからといって、自らの行政区域に景観阻害をするものを容認せざるを
えない状況は違和感を感じます。なぜ規制地区を定めていなかったのか、という問題
が今度は浮かび上がってきます。規制地区を定めていなかった景観条例に欠陥が
あったかもしれない。その条例を定めたのは上富良野町です。
メールには、既に深山峠には諸施設が林立しており、既に景観が阻害されている、
また、町内には放置された廃ペンションなどもあり、深山峠だけではないと書かれて
いました。それには同感します。しかし、それを是正する方向性を示すのが
観光行政ではないかと思うのです。あるものは仕方ない、民間が勝手にやる事だから
仕方ない、ではいつまでたっても田舎っぽい観光地のままです。
時には積極的な規制も必要なのではないかと思うのですが、どうでしょうか。
EOS 5D comments(0) trackbacks(6)
白の世界

Canon EOS5D EF70-200mmf4L

元旦の朝、真っ白な世界に包まれっぱなしの丘。
光が無いなら無いで、こんな表現してみました。ただ、こんな景色を連日見てると
いい加減憂鬱にはなってきます。マイケルケンナはこんな天気の日を好んで撮影してる
見たいですが、まだまだその域までは到達出来そうにありませんね。
冬という季節を表現する日は必要な一枚ではあるのですが。
木々に着雪しているのがポイントです。これが無いと面白くありません。
その辺の微妙なニュアンスで風景を探してみると、雪の日も少しは楽しくなるかなと
思います。違うかな。
EOS 5D comments(0) trackbacks(0)
夕空

Canon EOS5D EF70-200mmf4L

毎日雪降りの日々でしたが、午後2時を過ぎる頃に晴れ間が広がる日もありました。
そんなときは除雪作業もそっちのけ、ママさんダンプを投げ出して撮影に出かけます。
この日は3時過ぎに奇麗な雲が出てくれたので、この場所へ猛ダッシュ。
ほんの数分でしたが、良い夕空になってくれました。
こんな一瞬一瞬のタイミングで撮影を日々していると、35ミリの機動力が必要ですね。
645カメラのレンズ交換の時間さえ無い時が続きます。
35ミリフルサイズの5Dを使ってますが、やはりMarkIIが気になるところです。
どうやら、画質は素晴らしい様子。動画もすごいらしいのです。実は少し触らせてもらった
のですが、ホールド感も質感も5Dより良くなってます。動画が良いのは、嫁に対する
最高のセールスポイントになりそうな予感です。
EOS 5D comments(2) trackbacks(0)
雪、ユキ、ゆき

Canon EOS5D EF70-200mmf4L

年末年始はもういいっていうくらい雪降りの日が続きました。
青空が見えたのは何時間もないんじゃないの、ってなもんです。
奇跡的に元旦の朝日が差す景色は撮れたというものの、どんより雪景色に
いささかうんざりの日々でした。お陰で、子供達を旭山動物園に連れて行ったりと
家族サービスはたっぷり出来ました。(この時HTBの取材を受けてニュースにでました)

去年の元旦は家の前からダイヤモンドダストが見れたのに、今年は冷えないので
さっぱりです。この写真は自宅前で雪が降っている時に逆光状態で日が差した
瞬間です。一瞬ダイヤモンドダストに見えた方、いませんか。
違うんですよね、それにストロボも使ってません。
この年末年始で、自然が見せてくれた一番奇麗な瞬間でした。
この後すぐに友人がやってきましたが、太陽は何処へやら。
EOS 5D comments(5) trackbacks(0)
白と青

Canon EOS5D EF70-200mmf4L

白い丘に青い影。晴れた冬のお楽しみ。
こんな日は寒い事すら忘れちゃうのだ。
車の中はポカポカだし、家の中もポカポカだし。
写真を撮っている時もそんなに寒さは感じない。
寒さを感じるのは、冷えきった三脚をしまう時ぐらい。
あと、トランクに入れた三脚の足についた雪がいつまでたっても
溶けてないのを見たときは、あぁ寒いんだなと思います。
EOS 5D comments(2) trackbacks(0)
ドキドキの季節

Canon EOS5D EF70-200mmf4L

写真は去年の初冬のもの。ガツンと冷えた朝にしか見られないダイヤモンドダスト。
こんな朝、シーズンに何度も見れる訳じゃありません。
だから毎年この時期はドキドキ。今年の元旦のように、家の前でダイヤモンドダスト
見れるでしょうか。
関係ないのに、いろんなレンズをヤフオクで物色しているわたくしです。
新しいレンズがモチベーションを高めてくれるのも一因です。
やはりコンタックスレンズか・・・。
EOS 5D comments(0) trackbacks(0)
晩秋から冬へ

Canon EOS5D EF70-200mmf4L

一気に冬ですね。寒い。
自宅前から富良野岳方面を狙って一枚。
贅沢な瞬間です。
EOS 5D comments(0) trackbacks(0)
霜の朝

Canon EOS5D EF70-200mmf4L

少し前ですが、丘に真っ白な霜が降りた朝です。
気温は確実にマイナスだろうというのが、玄関を出た瞬間わかる。
車の窓ガラスも凍り付いてる。どうやら天気は良さそうなので
太陽が出るまでが勝負だなと考え、いつもの高台には走らずに霜の風景を
探しに走り回る事にした。場所によって霜の降り方に違いがあるようで
期待していた場所があまり白くなっていなかったり、意外な発見があったりと
面白い経験をさせてもらった。
初霜の頃や初雪の頃は、なんだか宝物探しの様でワクワクしますね。
いや、気温は相当寒いので必死ではあるのですが。
EOS 5D comments(2) trackbacks(0)
グラデーション

Canon EOS5D EF17-40mmf4L

日の入りまで粘っていた友人が帰った後、一気に山の雲がとれて全貌が
姿を現しました。なんとも嫌がらせのような天気。
キッチンで夕食の仕込みをしていたボクは、切っていたタマネギそっちのけで
エプロンのままカメラを掴んで猛ダッシュ。奇麗なグラデーションをなんとか
撮影する事が出来ました。時間にして10分ほどで雲が一気にとれたでしょうか。
風が強かったのかもしれませんが、やはりここは侮れないですね。
キッチンに山を見渡せる窓を作っておいて良かったと思えた瞬間でした。
EOS 5D comments(5) trackbacks(0)

Canon EOS5D EF17-40mmf4L

丘へ続くカラマツの道。
紅葉がピークを迎えようとしているのに、あいにくの天気が続き
ぱっとしない連休でしたが、しばらく晴れ間も見えました。
やはり、カラマツの紅葉は輝いているときが一番奇麗です。
この写真の2日後、丘に雪が舞い降りました。
EOS 5D comments(4) trackbacks(0)
<< | 2/17 | >>