北海道美瑛の写真家・中西敏貴のブログサイトです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
深い霧に包まれて

Canon EOS5D EF70-200mmf4L

雲海のように深く漂う朝霧。場所を見極める重要性は前にも書きましたが
撮るか撮らないかの見極めも重要かなと思います。
自然は予想どおりには動いてくれないもの。逆に予想もしていなかった
光景が繰り広げられる事もあります。だから、撮ろうかなどうしようかな
と悩んでいては、今までの経験から言うと一瞬のチャンスを逃してしまうようです。
良さそうと思ったらカメラをセットする。とにかく撮ってみる。
駄目だと思ったら、すぐに次に移動。同じ場所に10分。ひどけりゃ5分。
やっちまったな、と自分を責めるときもありますが・・・。

あすからカラマツ撮影突入です。
EOS 5D comments(3) trackbacks(0)
塔とキガラシ

Canon EOS5D EF70-200mmf4L

本当に久しぶりに美馬牛小学校の塔が入っている写真を撮りました。
といっても、塔の写真を撮りたかった訳じゃなくキガラシが撮りたかったのですけど。
美瑛の丘も最後の彩り。そして最も一瞬で鮮やかな季節です。
EOS 5D comments(0) trackbacks(0)
季節は進んで

Canon EOS5D EF70-200mmf4L

もう間もなくカラマツの黄葉です。早いところではかなり色づきも進んでいるようです。
さぁ、いよいよ冬が近づいてきた、と気持ちがピンと張りつめる反面、大好きな冬が
やってくる事を思うとすこしだけ楽しみでもあります。
厳しくて、寒くて、除雪も大変で、いいことの全くないような冬ですが
凛とした空気感や、朝夕染まる雪色がとても好きなのです。
EOS 5D comments(0) trackbacks(0)
秋色の中の蒼

Canon EOS5D EF70-200mmf4L

以前はよく通った美瑛川にある蒼い溜まりに久しぶりに出かけた。
久しぶりと行っても、実は季節ごとに通っているのですが、カメラを向けようと
思ったのは久しぶり。やはりここは秋の景色が好きです。
不思議なブルーの色に紅葉の木々が写り込み、不思議な色彩感覚です。
以前は誰も来ないような場所でしたが、いまでは看板まで立っていて
以前に比べると見つけやすくなったようです。
木々は倒木が進んでいますので、後何年見られるのかわかりませんが
多くの人が来すぎて、立ち入り禁止にだけはならないでほしいと願います。
EOS 5D comments(3) trackbacks(0)
落ち葉の絨毯

Canon EOS5D EF17-40mmf4L

将来うちの子も通うかもしれない小学校の校庭。
なんて贅沢な校庭でしょう。木には所々に巣箱も作られています。
雑草など、全くと行っていいほど生えていません。
グランド10周なんて言われたら、とんでもなく辛いだろうなと容易に
想像がつく広さ。
晩秋にはこの落ち葉の絨毯です。経済的な豊かさより、心の豊かさが大切なのだと
考えるのは都会出身の人間のエゴかもしれませんが、惹かれるのだからどうしようも
ないのです。

EOS 5D comments(2) trackbacks(0)
晩秋

Canon EOS5D EF70-200mmf4L

いよいよ美瑛あたりでは晩秋の趣。
カラマツも色づき始めました。
町中至る所で落ち葉の乱舞です。
この道は今まで幾度となく通っている道ですが
今回初めてカメラを向けました。秋はフォトジェニックです。
EOS 5D comments(0) trackbacks(0)
さわやかな朝

Canon EOS5D EF17-40mmf4L

ヒマワリには青空がやっぱり似合います。
季節は夏ではなく、晩秋なのですが。

EOS 5D comments(3) trackbacks(0)
精一杯の輝き

Canon EOS5D EF70-200mmf4L

もうすぐ冬。山の斜面で精一杯に輝く木々達。
広葉樹の紅葉も、もうそろそろ終わる頃。
EOS 5D comments(0) trackbacks(0)
花の丘に一人

Canon EOS5D EF70-200mmf4L

山に向かってヒマワリ達が大行列。こんな場面にまたまた一人っきり。
もったないやら、ありがたいやら。
EOS 5D comments(2) trackbacks(0)
再会の小径

Canon EOS5D EF70-200mmf4L

この光景に初めて出会ったのが2000年の秋。もう8年も前なのか。
8年ぶりに夕日射すこの小径に出会えた。
さすがに初めて出会った時の感動こそなかったものの、この光景を独り占め
できる幸せは、何にも代え難い。
いつまでも残しておきたい道の一つ。
EOS 5D comments(4) trackbacks(0)
<< | 3/17 | >>