北海道美瑛の写真家・中西敏貴のブログサイトです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
落ち着く場所

Canon EOS5D EF17-40mmf4L

我が家の客間になる予定の部屋です。
傾斜天井が一番低くなっている部屋ですが
それでも天井が高いので圧迫感はありません。
逆に少しロッジ的なイメージの落ち着く空間になったと思っています。
この部屋の照明はダウンライト。我が家の照明は基本的にダウンにしました。
照明はあるべきところで存在感を出してくれれば良い。
それ以外は建物のディテールを損なわないように目立たずオシャレに。
その為にダウンライトを基本的に採用しました。この部屋への採用は正解だったと
思っています。空間が広く感じますね。
さて、この部屋には誰が一番に泊まるのでしょう。

建築日誌 comments(4) trackbacks(0)
階段を上がると

Canon EOS5D EF17-40mmf4L

レッドシーダーの温もりを感じながら2階に上がると、これまた無垢のメープル
が貼られたスペースがあります。ここは少し広くなっていて、レッドシーダーを
使った洗面台まであります。もちろん2階にもトイレはあって、夜に起きても
1階まで降りる必要はありません。
各部屋へは、このスペースからつながっています。
小さいですが吹き抜けもあって、1階のリビングと程よい距離感になっています。
この吹き抜けの手摺は無垢の木とアイアンの組み合わせ。
デザインはグリーンライフさんです。さすが、という感じです。
長谷川さん、素敵なアイアンありがとうございます。
この空間も高い傾斜天井のおかげで、面積の割にはとても広く感じられます。
外観の変わった形状が、内から見るととても開放感を与えてくれています。
建築日誌 comments(0) trackbacks(0)
山を見ながら

Canon EOS5D EF17-40mmf4L

キッチンの窓は横長のオーニングになっていて、木枠の向こうに十勝岳の山並み
を見ながら料理をする事が出来ます。イメージとしては額縁の様な感じでしょうか。
角度を変えて、右側から見ると白樺の林の向こうに旭岳まで見る事が出来ます。
この窓は妻のお気に入りで、日々の季節の移り変わりが楽しみだと喜んでいます。
山の景色だけではなく、雑木林が見えるので森の中の雰囲気も少しだけですが
感じる事が出来ます。キッチンは家の規模に比べるとかなり広く取ったこともあり
キッチンにいる時間が一段と増える事になるでしょうね。
建築日誌 comments(0) trackbacks(0)
西日

Canon EOS5D EF17-40mmf4L

2階へと続く空間。夕方になると西側のカラマツ林の向こうに日が沈む。
カラマツが芽吹いていないこの時期は、暖かな西日が差し込むほっこりした
空間になった。珪藻土のコテムラを引き立ててくれる。左官屋さんの仕事の
良さが際立つ。連休の作業中、左官屋の社長が幾度となく様子を見にきてくれていた。
時には家族や知人を連れて、自分の現場を自慢げに紹介してくれた。
仕事に自信が無ければ出来る事ではないと思う。ありがたい話だ。

この階段の踏み台もレッドシーダー。オスモを塗ると赤みが増しました。
贅沢だな、と思います。でも階段や廊下は毎日歩く場所。
いつも木の質感を味わっていたいですからね。
窓は、外側は樹脂ですが内側は木製ペアサッシです。全部トリプルガラスに
するととんでもない値段になるので、リビングのメインを除いてこのタイプ
の窓をカナダから輸入しています。
建築日誌 comments(3) trackbacks(0)
オスモ

Canon EOS5D EF17-40mmf4L

噂のオスモです。これは床用のフロアクリアーという種類のもの。
塗料というより、植物性のオイルを塗り込む感じです。仕上がりの感じは、色を付けた
感じではなく、木を濡らした感じで木の深い色合いが出ます。
匂いも気にならず、子供がなめても大丈夫。自然に限りなく近い塗料ですね。
少し多めに3缶購入したのですが、とても良く伸びるので1缶と少し使ったところで
2回塗りが終了しました。余ったものは5年ほど使えるそうなので、毎年少しずつ
オイルを床にしみ込ませて、深い風合いを作っていこうと思います。
我が家の床はメープル。比較的白い木の表面なのですが、オスモを塗った事で
とてもシットリと良い色になりました。
画像の奥が1回塗りを終了している部分。手前が無塗装です。分かりにくいですが。
やはり塗装は木のもつ自然な色合いが奇麗ですね。
余計な色をつけようとすると、木の良さを殺してしまいます。
内部の木は出来るだけ木のまま。無塗装では汚れてしまうところにオスモで
オイル塗装。これが基本だと思います。
外部は反面、塗装必須だと思います。雨に風に紫外線に、北海道は雪。
これから車を洗うより家の塗装の方が忙しくなりそうです。

昔、オヤジが家の床のワックスがけを頻繁にしていました。
なにを面倒な事をやってるんだ、とバカにしていましたが、やっとオヤジの
気持ちがわかりました。実家は建築後40年近く立っていますが、未だに
床などはピカピカです。よく裸足で歩いて怒られましたが、我が家は無垢の木の
質感を楽しむ為に逆に裸足生活になると思います。
ま、オヤジの血が流れているのだなぁと塗装の日々の中思っていた訳です。
建築日誌 comments(0) trackbacks(0)
特徴的な外観

Canon EOS5D EF17-40mmf4L

まずは特徴的な外観から。
レッドシーダーの板を縦に貼ることで木の家の雰囲気になりました。
さらに、1階リビングの外回りにはカナダから輸入したカルチャードストーンを
貼り、重厚感を出しています。これはログの迫力に負けないための意匠とも言えます。

ただし問題点がありました。木部に塗装した色の選択です。
実はシックに落ち着いたトーンで表現しようと考えていました。
ところがレッドシーダーの質感がとても良い事から、木の色がより出るであろう
薄めの色を選択する事になりました。再塗装を繰り返せば自然と色は濃くなって
行くので、始めは薄い色でというのも理由の一つです。
ところが、使った塗料の色がとてもはっきりした色だったため、ご覧のような
ちょっと派手めの色使いになってしまいました。これは大誤算です。
担当の方からは、木の色がでますよ、と聞いていたのですが塗ってみたら黄色でした。
ログの方もすこし赤が強かったようです。
これに関しては、近く再塗装しようと思います。今度はオスモ使うかな。
ちなみに、窓枠の樹脂部分の白は目立ちすぎるので塗装してもらいます。

しかし、色を除けば面白い形の意匠になりました。ログハウスらしさも残しつつ
デザイン性に富んだ家になったと思います。大工さんが2度とやりたくない、と
苦労話を聞かせてくれました。
建築日誌 comments(0) trackbacks(0)
心のある家

Canon EOS5D EF17-40mmf4L
ここまで出来上がるまでにどれだけの人が関わってくれたのだろう。
遠くカナダの地で刻まれたログが日本に到着し、日本のビルダーの手で
形が出来ていく。そこへ至るまでにも、数えきれないほど多くの力添えが
あったはず。ボクたちが出会ってもいない人達の一つ一つの仕事が今のこの
家の形を作ってくれている。そう思うと、なんとも感慨深くなってしまう。
そして今回も。
遠くから飛行機を使って駆けつけてくださった方。
日々の写真を送ってくれ、そして何度も助けてくださった方。
沢山の差し入れをくださった方。
休みだというのに朝早くから手伝ってくれた高校生。
新婚早々の共同作業が我が家の塗装になってしまった夫婦。
皆さんのおかげで、なんとか作業を終えることが出来ました。
建具の塗装をはじめた当初、あまりの作業の遅さに絶望感さえ覚えました。
このままでは終わらない・・・。
翌朝からは早朝4時に起きて作業を行いました。それでも進まない。
そんな時に助けてくださったのが皆さんです。
近い将来我が家に来てくださったときに「ココは俺が塗ったんだ」と思いだして
もらえれば嬉しく思います。
なにも出来ませんでしたが、この場を借りてお礼を言わせてください。
今回は改めて、人の心の温かさを感じました。いわば他人の家だというのに、
このように手伝っていただけた事は、本当に感激です。
美瑛という場所に家を建てた事で、とても大切な想いを得る事が出来ました。
こうして、我が家に関わってくれた人達の「心」がこもった家になってくれると
信じます。
さて、明日からは現場レポートをお伝えする予定です。

建築日誌 comments(3) trackbacks(0)
みんなありがとう

皆さんに支えられ、我が家は着実に完成に近づいています。
この1週間はハードでした。撮影どころか、朝の5時から夕方の7時まで作業です。
正直、身体はボロボロです。それでも、沢山の方々の気持ちに支えられて
乗り切る事が出来ました。また、明日ゆっくり書きたいと思います。
我が家の前から見える山々です。
建築日誌 comments(5) trackbacks(0)
美瑛へ

今晩遅くのフェリーで北海道へ向かいます。奏人にとっては初めての船旅。
少し心配ですが、楽しんでくれる事を願います。
この1週間は作業に没頭します。たまには息抜きに撮影もしますが
基本的に家の仕上がり最優先。ギリギリまでお手伝い募集中です。
ブログも基本的には更新できないと思います。
1週間後、我が家の写真と共に復活予定です。
ただ、携帯で報告を出来るかもしれません。
では、健闘を祈る、オレ。
建築日誌 comments(4) trackbacks(0)
初公開

本日我が家の外観を初公開します。
いよいよ今週末に逢いに行けます。到着してからは地獄の作業でしょうが
それもまた良い思い出となるのでしょうね。
塗料のイメージが難しく、色使いが少しかわいらしくなってしまいましたが、
ボクらの目指した個性的な木の家になっている事は間違いありません。
どんな間取りなんだろう、と思っていただければ大成功です。
はっきり言って、使い勝手は度外視です。機能性は後回し。
住み続けたい家にする為には、楽しい家じゃなきゃ駄目です。
そしてホンモノの家でないと、すぐに飽きてしまいます。
効率を考えたら四角い家ですよ、と言われた事があります。
我が家は帆立の形をしています。無駄だらけです。それで良いと思っています。
あとは住みながら、ボクらが家になじんでいく。家がボクらに近づいてくる。
そんな関係をもち続けたい。

建築日誌 comments(10) trackbacks(0)
<< | 3/7 | >>